ESG活動 森林保全活動


コーナンDIYの森

2016(平成28)年4月より、和歌山県田辺市において森林保全活動を実施しています。和歌山県が進める「企業の森」事業を活用し、活動区域を『コーナンDIYの森』と名付けて、10年間にわたりコーナン商事の従業員と西牟婁森林組合の皆様で、植栽、下草刈り等に取組んでいきます。

『コーナンDIYの森』概要

実施地 和歌山県田辺市鮎川字宮代
実施計画 2016(平成28)年4月から10年間、 植栽、下草刈り等による森林保全活動を行う
植栽樹種 / 本数 シラカシ・アラカシ・ヤマモモ・ウバメガシ・ヤマザクラ / 約3,800本
面積 約1.90ha

写真で見る、活動内容

調印式の様子

2016(平成28)年2月に、和歌山県庁で行われた調印式

山の斜面に位置する『コーナンDIYの森』

『コーナンDIYの森』の位置

コーナンの森除幕式
植樹式
植樹式参加者の集合写真

本格的に活動を開始するにあたり、2016(平成28)年11月5日に植樹式典を開催。
和歌山県農林水産部より泉課長様、田辺市森林局より鈴木局長様をお迎えし、コーナン商事の宮永常務、コーナン商事ユニオンの清水委員長が参加して除幕式、植樹式を行いました。

西牟婁森林組合の皆様によるご指導のもと、総勢50名が植樹に参加しました。
円形にかたどられた、ピンクのテープに沿って植樹していきました。苗木が成長すると、当社のロゴマークの形になる予定です。

植樹位置が記された斜面

木はDIYに欠かせない大切な資源であり、苗木から育成していくこの活動に参加できることを、当社は大変光栄に思います。
今後10年間、『コーナンDIYの森』において下草刈り等を中心に、環境問題を意識しながら森林保全活動を行い、エコ・リサイクルに繋がる事業や、地域の皆様に貢献できる活動に取組んでいく予定です。

植樹をするコーナン従業員
植樹をするコーナン従業員
植樹をするコーナン従業員