• 文字サイズ
店舗チラシ一覧
ごあいさつ

daihyou_img 代表取締役社長
疋田 直太郎

当社第43期第2四半期累計期間(2019年3月1日~2019年8月31日)の事業の状況

 株主の皆様には、平素よりコーナン商事株式会社に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、当期は第2次中期経営計画“~もっと大好きや!!コーナン~アクセルオン大作戦”の2年目であると同時に、将来にわたる永続成長を展望する長期ビジョン「New Stage 2025」のスタートという重要な年であり、中期計画の達成に向けてグループ経営力の強化に努めてまいりました。その結果、売上高は1,771億64百万円(前年同期比9.5%増)となり第2四半期累計では過去最高を更新いたしました。売上総利益は654億68百万円(同8.1%増)となりました。営業利益は117億3百万円(同8.5%増)、経常利益は112億40百万円(同15.2%増)となり、当期純利益は64億21百万円(同24.8%増)と、増収増益の良いスタートを切ることが出来ました。
 当期の主な取組として、今年6月に株式会社建デポの全株式を取得して子会社化いたしました。建デポをコーナングループに迎え入れたことで、プロ向け会員制卸売事業という新たな分野に進出しました。首都圏を中心に66店舗を展開する建デポをコーナンとビーバートザンの店舗網に加えることにより、市場規模の大きい首都圏ドミナントの実現に大きく歩みを進めることになりました。商品供給の分野では、第42期にスタートした子会社及び資本業務提携先企業へのPB商品供給プロジェクトも着々と進んでおり、グループ成長戦略を加速する上で力強いエンジンとなっております。店舗戦略の面では、4月13日に大阪中心部の都市型店舗としてコーナン西本町店をオープンいたしました。立地特性に合わせた商品カテゴリーを充実させ、テナントとして都心型小型店スーパーを誘致し、お客様が日常生活に必要なものを一箇所で全て揃えられるようにしております。また、同じく4月に当社独自のチャージ式電子マネー「コーナンPay」を導入いたしました。キャッシュレス化の良いところを活かし、今後もお客様の一層の利便性と満足度向上のためサービスの拡充に努めてまいります。
 当第2四半期累計期間の店舗展開は、ホームセンターを3店舗、コーナンPROを1店舗、コーナンベトナムを1店舗新規出店したほか、株式会社建デポのグループ加入により、8月31日現在のグループ店舗数は429店舗(ホームセンター287店舗、PRO142店舗)となりました。

株主還元の充実

 当社は、積極的かつ適正な利益配分を行うことは企業経営の重要な課題であると認識しており、業績の見通し、内部留保の水準等を総合的に判断しながら、長期にわたって安定した配当を実施することを基本方針としております。
 この方針のもと、当期の中間配当につきましては、業績等を勘案し、常日頃よりご支援いただいております株主の皆様への還元を充実させるため、当初予想の1株当たり26円から1円増配して27円にいたします。期末配当につきましても、同様に当初予想の1株当たり26円から1円増配して27円にする予定でありますので、皆様のご期待に少しでもお応えできるものと思います。
 皆様におかれましては、引き続きコーナン商事株式会社に絶大なるご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
2019年11月12日
コーナン商事株式会社
代表取締役社長 疋田 直太郎
ページトップへ戻るBack to Top